2009/01/04

芝浜

演技の稽古準備の合間に、談志師匠の落語「芝浜」を聴きました。

除夜の鐘を聞きながら、
炭火の暖かさを感じながら、
佃煮や煮豆を肴にぬる燗を交わしながら、
聴いてみたいです。

年が明けて雪が降ったら、志の輔師匠の「蜆売り」。
贅沢だなあ。


2 comments:

まっぴー said...

立川流!!
私もよく独演会行きます。
野ざらしが一番好きです。
談志師匠の落語を、いっぺん生で聴きたいです!!

天音 ^m^ said...

まっぴー、返事が遅ーくーなってーごめんなさいー。
そうなんですね、まっぴーも好きなんですね。ほぉっと嬉しい。
野ざらし、今一度聴いて見ます。
いつか、談志師匠生高座、実現させましょう!