2009/04/07

いつのまに散りはてぬらむ桜花 面影にのみ色を見せつつ

桜の花は、ひらひらと散るものだと思っていたのに、
最近、花弁のまま、ぼとぼと、くるくる地面に落ちてきます。

これは染井吉野の寿命に関係あるんでは、
ほぼ日で糸井さんも憂いていました。

ある年を境に、お花見が過去の文化になってしまうなら
泥酔カラオケ花見だって許しちゃうわよ、ホトトギス。
打つ手はあるんでしょうか。

今日は月夜に桜吹雪。



その場を堪能できる演技やオーディションと
何かに急かされてしまうそれ。
違いを書き留めていくと、要素は癪なほど絞られました。
対策も実にシンプルなものになりました。


No comments: