2009/09/20

ヴェネチア映画祭


『ロミオとジュリエット』の舞台で知られる
イタリアはVeronaの街のコロッセウム(円形闘技場)を
爆走で駆け上がって生じた筋肉痛で
まともに歩けなかった帰国から
早、数日が経とうとしています。

行って参りました。
ヴェネチア国際映画祭!

出国前のあれやこれやの想像とは違い、
私が感じたこの映画祭は、各作品の受賞レースというよりも
各作品と制作に関わった人間によるアートセッションでした。
(参加した作品『kingyo』のEdmund楊監督も
そのようなことを言っていました。)

チーム『kingyo』の中でも
作品を創り出したひとりひとりから発するエネルギーと個性で
連日、新しい触感と味と香りの熱い温泉に浸かっているような
時間を過ごしました。

残念ながら『kingyo』は受賞を逃しましたが、
各国からいい評価をいただけたこと、
熱意ある学生の皆さんが力を発揮して作品を作り上げて、
確かに認められたこと、
そういう作品に私が参加できたこと、
それは素晴らしい経験でした。

私個人へのお土産は、映画の、演劇の、演技への
さらなる好奇心。
血湧き肉踊る「わくわく」は、大きなエネルギー源です。


それから、家族のメガ協力の下、
お母ちゃんが単身海外に行けた!という実感。


この機会をいただけたことに心から感謝してます。
どうもありがとうございました。

No comments: