2009/11/13

命と人生のLIFE

Dさんが亡くなっていたことを知って
2週間ほどが過ぎようとしています。

Dさんと会ったのは太平洋のど真ん中でした。

カメラマンDさんはペロペロに経験が浅い私に
あれやこれや、写真や海や島の話をしてくれました。
撮影をしない時のほとんどの時間、
4、5人のカメラマンと一緒に
たわいもない話に花を咲かせました。

案内してくれた小さなビーチや
数え切れないほどの魚と素潜りで戯れた海、
小さな花々が咲く小径、
人の存在がその色に紛れてしまいそうな青い空を
みんなきっと忘れない。

Dさんが幾度となくくれた手紙には
丁寧に生きている人だけに与えられた
心ある言葉がいくつも詰まっていました。
純粋な子どもの眼差しような言葉箱でした。

悲しみの潮からむやみに出ていかなくても
いいんだなあと思い始めた頃、
家族が立て続けに新型インフルエンザにかかりました。

高熱、咳、吐き気。
タミフルを飲まなくても、奇行、と呼んでいいのかな、
大丈夫じゃろか、と案ずる行動がいくつかありました。
大泣きや怯え、ちんぷんかんぷんな会話。
でも10分後には覚えていなかったり。

熱が引いて、咳が治まって、やっと安心すると、
オーディション、撮影、試験と立て続けに毎日が埋まり...
Life goes on です。

No comments: