2013/02/20

青天の碧空



この年で迷子だと言ったら、床と並行にスパーンとはりせんが飛んできそうだけど、子どもの頃からずっとその状態だったんだと思います。

もうすぐ羅針盤を作れるようになるかもしれません。
幼少の頃の自分と手を繋いで、眩しい方へ向かって行けるる羅針盤です。

ひとつひとつを丁寧に熟して行けば、必ずいつか出来上がるはずです。

馬鹿が付くほど素直にさせてくれた機会を戴いて、穏やかに真っ直ぐに羅針盤のことを考えられるようになりました。

ありがとう。


No comments: