2013/06/18

F



父の葬儀の際、「知床旅情」を家族で歌えばよかったと後から思いましたが、当時は庭の桜を柩に納める以外は考えることができませんでした。

今、彼女に私から送れるものは、W H オーデンの"Funeral Blues"しか思い浮かびません。


.

No comments: