2014/12/05

め、の


ひとつのことに関して、腹を据えかねていました。

氣がつけば、そこから波及していた諸々の袖も引いていました。

光をくれた人の、その時の眼差しを忘れません^ ^

No comments: