2017/01/27

『Silence』再び世界へ

Hamish Downie監督短編作品『Silence』(M・スコセッシ監督作品と同名ですが、全くの別作品です^ ^)がこの2月、世界の三つの映画祭で上映されることが決まりました。

古今東西の白黒映画にスポットを当てる、イギリスはブラックプールで開催されるウインターガーデンズ映画祭が一つめ。

二つめはアメリカのロスアンゼルスで開催されるWIND国際映画祭。こちらは人道的なメッセージを持つ作品が集まります。
こちらの映画祭では、エクスペリメンタル作品賞(実体験に基づいたもの、若しくは試行を重ねたもの、どちらの意味合いでしょうか)、サイレント映画賞、撮影賞、女優賞の、なんと4部門カテゴリーにノミネートされています。

そして三つめはアメリカのオレゴン州で開催されるコーバリスクィアー映画祭です。

各国の映画祭に選ばれるということは、その国の人たちに作品を観てもらえるチャンスをいただけるということ。
今回の作品は設定を変えれば身近な環境でも起こり得るような内容。サイレントフィルムですから言葉の壁がない分、観る方それぞれの思いも乗せやすいように思います。
『仁光の受難』が釜山映画祭で上映された後、お客様からたくさんのご意見をお聞きできたように、2月の映画祭のご感想も耳にできれば嬉しいです!

(From Harmish Downie's post on facebook)
Great news comes in threes! Excited to announce that "Silence" (my short film - not the Scorsese film) has been officially selected into three festivals to be screened in February. The first is Winter Gardens Film Festival in Blackpool, UK - a festival dedicated to black and white films both classic and modern. The second is WIND International Film Festival in Los Angeles, USA, which focuses on humanitarian films, and there our film has been nominated in a few categories including Best Experimental Film, Best Silent Film, Best Cinematography, and Best Actress. Finally, our film was selected to feature in Corvallis Queer Film Festival in Oregon, USA.

Congratulations, team!

No comments: