2011/08/13

ふかふかの夜

.
.
今晩の満月を前にして、一体 どんなことを思うのか、しばらく前から ああかな、こうかなと楽しみにしていました。

フガフガとアグレッシブで橙色だったり、頬こけ ストイックで江戸紫色だったり、あるいは色んなものを手放してカスタード色だったり、肩の力が抜けて若竹色だったり、小さなことに喜んでフューシャピンクだったり、どうしようもない些細なことに腹を立てて赤かったり、ふぅーっと落ち着いて アイスブルーの麻模様だったり、色のイメージで考えていました。

実際、今晩は……空豆を剥いた時に遭遇する、あの内側のふかふかのベッド、それが春のお日様色で広がっている感じ。

怒りも悲しみも大切な感情だけど、やっぱりみんなに笑っていてほしい。

初めからこっちも笑っているのか、つられて こっちも笑っちゃうのかは判らないけど、兎に角、みんなに笑っていてほしいなあ。


生まれて初めて、お月様が笑っているように見えた夜。

いい夜

ありがとう
.
.

2 comments:

老剣士。 said...

今夜は19:30ころ車の中から満月鑑賞。この時間だと大きさも最大で空気も澄んでいたので兎の餅つきもくっきり。
家内の姪の引越しの手伝いの帰り道、堺市の路上での話。少し雲がかかってき始めてこれも日本的風情だわいなどと言い合ってました。

久藤今日子 Qyoko Kudo said...

お引っ越しのお手伝い、おつかれ様でした。
月にかかる雲、美しいですよね。
そしてそれを包む闇も美しい。
風。
虫の音。
隣の方の穏やかな笑顔。
絵のようです、新美さん。