2011/08/10

さみしい悪戯、おいしい悪戯

.
.
一緒にいても、一緒にいる感覚のない人は、物理的に近くにいるだけなのかな。

そう考えるのはさみしいことだけど、人が持つ色や温度や波動が、どうしても合わない人はいて、どんな社交辞令や美辞麗句も効力を発しない。
いや、アプローチが表面的であればあるほど、奥には到底届かない。

同じ時間・場所をシェアできないのは、違い云々ではなくて、目に見えないベクトルを操る何かの悪戯なのかな。
.
.
なんつって、そんなことは考えないで、おいしいものをいっしょに食べよう。

plumeのケーキを食べた途端、とろける笑顔が共通言語になったみたいに。
.
.

No comments: