2011/12/10

コトノジツ



何か大切な判断をする時には、人から聞いたものよりも、自分が直接 五感で受けたものを基準に咀嚼を始めたい。

噂話や込み入った話の核は他にもあることがあって、そういった話の培養は いつかは誰かを傷つける。

ただし事実の把握と、心の在り方は別部門。

事実がなんであれ、人は喜び、悲しみ、涙する。
だからこそ、人は愛しいし尊いのだと思う。
だからこそ、事実を知りつつ、進んでく。

No comments: