2012/11/12

人生相談のその後



躓きながら、転んでできた生傷をできるだけ笑い合いながら、遠くも見ながら、ゆっくりと、共に歩んで行ければと思っています。

No comments: